残留農薬の除去方法

残留農薬の上手な取り除き方

一般的なスーパーなどで購入した農薬つきの食材を安全に使うためにはどのようにすればよろしいのでしょうか?

 

残留農薬除去用商品の使用や有機野菜などの購入などの方法以外で、できるだけお金を掛けずに残留農薬を除去したいとお考えの方もいらっしゃると思います。

 

こちらでは、そのような方々のために、ちょっと手間を掛けることで残留農薬を取り除く(付着量を減らす)方法をご紹介させていただきます。

 

参考にしてみて下さい。

 

残留農薬ってどんなもの?

いつも何気なく使っている食材に農薬が残っているって言われてもピンってこない方も多いのではないでしょうか?

 

野菜に付着しているのが目で観ることができたり、ニオイがするなどすれば分かりやすいのですが、表面をしっかり見ても臭ってみても正直なところ分かりません。

 

先に紹介したエコポポラなどの残留農薬除去商品を使うと分かりやすかったりしますが、残留農薬を確認するだけのために購入するのももったいないですよね♪

 

残留農薬というと、農作物を栽培するときに農家の人たちが使用する農薬が農作物の根などから吸収されていって内部に蓄積されたもののように思われますが、巷でよくく言われている残留農薬というのは、内部に蓄積されたものではなく、農薬が表面に付着している状態で出荷されることを言います。

 

残留農薬は取り除くべきなの?

日本の農業で使用されている農薬は、
殺虫剤殺菌剤除草剤などと言われているものがあり、
水に溶けやすい水溶性のタイプと水に強い油溶性のタイプがあります。

 

水溶性のタイプは、
食材を水洗いすれば取れてしまいますが、
雨水などに対して使用する油溶性のものは、
水洗いだけではなかなか落ちないとされています。

 

しかしながら、
このような農薬も基本的には日光によって分解されたり、
微生物によって分解されたりするため、
使ってからある程度時間が過ぎるとかなりの量が取り除かれます。

 

また、
農薬の種類も昔とは変化してきていて、
有機リン系などの効果が高くて食材にも残留しやすい農薬は使用しなくなっていたり、
毒性が弱めな農薬を必要最小限使用するなど、
生産者側も意識をして農薬を使うようにしています。

 

このように、
以前に比べれば農薬の使用量はかなり減少してはいるものの、
農薬の使用量は世界第三位(一位:中国,二位:韓国)ですので、
気にした方が良い気もします。

 

日本の農薬基準

日本での農薬の基準はポジティブリスト制を導入していて、
すべての食材に対して農薬や飼料に含まれる添加物量など、
厚生労働省がきちっと基準値を決めています。

 

仮にその基準値をオーバーした商品に関しては販売することができません。

 

農薬に関していうと、
0.01 ppm以下になるように決められています。

 

この数値は、
一生涯摂取し続けた場合でも健康被害は出ないとされている数値だそうです。

 

ということは、
国産の食材を使っていれば残留農薬を気にする必要はないということになりますが、
これは健康的なヒトの場合。

 

例えば、
体力や免疫力が低い小さなお子さまやご年配の方、
アレルギーのある方などは、
基準値以下の残留農薬でもその影響が出てしまうとも言われています。

 

残留農薬というものは必ず取り除く必要はないが、
取り除くことができるのであれば取り除いた方が良いというものと言えますね。

 

 

この後、
ご家庭でも簡単にできる残留農薬の除去方法をご紹介いたします。

 

いつもの料理の下ごしらえにひと手間加えることで多くの農薬を取り除くことができますので、
参考にしてみて下さいね♪

 

家庭での残留農薬除去方法記事一覧

一般的なスーパーなどで購入してきた野菜などの食材に付着した農薬を取り除く方法は無いのでしょうか?いままで紹介した残留農薬除去用商品を使う方法は、購入するのに余計なお金が必要であったり、使うのが面倒だと思われる方もいらっしゃるかも知れません。では、有機野菜などを購入するという手段は、こちらは残留農薬除去用商品を購入するよりもお金がかかってしまうのがネックとなります。こちらでは、お金はかけずに手間をか...