残留農薬の除去方法

残留農薬を除去するためには何が必要

毎日の食卓に欠かせない野菜や果物、スーパーなどで販売されている食材は、どれもキレイで虫などに喰われた跡もなく、とても美味しそうに見えます。

 

しかしながら、皆さまもご存じの通り、野菜や果物を育てている農家では、農薬ワックス展着剤など、いろいろな薬品が使われています。

 

「中国産の野菜は農薬が心配だから、国産の野菜を選んでます!」と仰る方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、国産の野菜だからといって、農薬をあまり使わずに生産されている訳ではないのです。

 

実は、日本の農業で使用される農薬の量は、世界でもトップクラス、一位の中国、二位の韓国に次いで第三位なのです!

 


もちろん、国の基準に基づいた使用量だと思いますが、日本の環境条件や農業に従事する人たちの高齢化や人数の減少など、農薬をしっかり使用しないと、農業として成り立たないのが現状のようです。

 

 

ですから、買ってきた野菜や果物は、流水で表面を洗い流したり、皮を剥いたり、表面の葉などを取って捨てたりと、対策を取られていることだと思います。

 

でも、良く考えてみて下さい。

 

野菜や果物は風雨にさらされていますが、農薬の効果はきちんと発揮されます。

 

 

その理由は、雨に降られても農薬が流れ落ちないよう、
農薬は水をはじくようなモノであったり、展着剤を先に使って、農薬のくっつきを良くしたり、ワックスを使用して野菜自体の水はじきを良くしたりなど、いろいろな工夫が取られているからです。

 

その状態で収穫されて販売されている訳ですから、ご家庭でささっと水洗いしただけでは、食材の表面はキレイにならないのです。

 

また、
野菜の皮の部分には栄養素や旨みが詰まっているので、
できることならそのまま食べたい食材もありますし、
表面の葉を捨てるとなると、
どうしても無駄が出てしまいますし、
どれくらい剥いで捨てれば農薬の影響がなくなるのかよく分かりません。。。

 

 

国が決めた基準内に残留農薬量などが抑えられているのだから、
カラダの中に入っても大丈夫と言われていますが、
そうは言っても、
農薬つきの野菜をサラダにして食べる気にはなかなかなれないのではないでしょうか!

 

 

そこで食材に付着している残留農薬の対処方法としては、

  1. 残留農薬除去用商品を活用して農薬を除去
  2. 有機野菜や無農薬野菜など、残留農薬のない食材を購入
  3. 食材の下準備のときにひと手間かけて農薬を除去
  4. 気にしない

の4パターンが考えられます。

 

私がおすすめしたいのは、
残留農薬除去商品を活用して農薬を除去する方法です。

 

この方法であれば、
ちょっとしたコストと手間をかけることで、
いままで購入していた食材がしっかりとキレイにできるからです!

 

残留農薬除去商品はいろいろなタイプが販売されていますので、
私が使用した経験とネットなどでアップされている口コミや評判を元に、
ランキング形式で紹介いたしますので、
興味のある方はチェックしてみて下さいね♪

おすすめの残留農薬除去商品ランキング


ベジシャワーの特徴

ベジシャワーは、野菜や果物などの表面に残っている農薬を簡単に取り除くことができるスプレータイプの残留農薬除去商品です。

日本での農薬使用量は、世界の中でトップクラスの使用量で、一般的に販売されている食材には農薬が付着した状態なんです。そして、その付着している農薬は、水洗いだけではキレイに落としきれません。


日本の基準値以下の残留農薬量となっているため、カラダに害はないとされていますが、小さなお子さまやアレルギーをお持ちの方などには影響が出てしまうことも多々あったりもしますので、できることなら農薬を取り除いて食材を使いたいと思いませんか?


そこでおすすめしたいのがこのベジシャワーなんです!


このベジシャワーは、スプレータイプの残留農薬除去商品なので、食材にサッと拭きかけることで残留農薬をキレイに除去することができちゃう優れものの商品です。除菌効果もありますので、キッチン周りを清潔に保つのにも役立ちますよ♪

価格 3,400円
評価 評価5
備考 スプレータイプ(400ml×2本セット)
ベジシャワーの総評

【商品の詳細】

成分:アルカリイオン水 [純水(99.9%)+炭酸カリウム(0.1%以下)]

形状:スプレータイプ

容量:400ml

販売:株式会社 ジョイフルライフ


【送料・手数料】

送料:全国一律 540円

手数料:代引き手数料 無料


【お得情報】

毎月1セットお届けコース:3,400円(10%OFF)

毎月2セットお届けコース:6,450円(15%OFF) [1セットあたり3,225円]

毎月3セットお届けコース:9,060円(20%OFF) [1セットあたり3,020円]

(1セット:400ml×2本)


【ベジシャワーの短評】

ベジシャワーの良いところは、何といっても使いやすいところです。スプレータイプなので、そのままシュシュッと吹きかけてサッと水洗いすれば良いので、まったく手間はかかりません。

また、ダイニングテーブルやまな板、食器洗い用スポンジなど、キッチン周りの除菌にも気軽に使えるので、アルコール系の除菌剤を購入する必要がなくなります。アルコール系の除菌剤ではないので、小さなお子さま用のオモチャの消毒にも使えます。

食中毒や感染症などが流行る時期にベジシャワーを活用すれば、感染症の予防に役立ちますよ♪

veggy ALCHEMY (ベジィアルケミー)の特徴

veggy ALCHEMY (ベジィアルケミー)は、食の安心安全に注目した野菜洗い用のスプレー&パウダーの商品です。

野菜や果物の残留農薬をササッとスピーディーに取り除き、お子さまなどのご家族が安心安全な食材を口にすることができるようになります。
またveggy ALCHEMY (ベジィアルケミー)の効果は、野菜の残留農薬を除去するだけでなく、除菌効果消臭効果も持ち合わせているので、ダイニングやキッチン周りの消毒やインフルエンザ、ノロウイルスなどといった感染症の対策など、いろいろなところで活躍してくれます!!
この商品の成分ですが、純水と天然の食品添加物(北海道オホーツク海産ホタテ貝殻)でできたアルカリイオン水で、スプレー後には純水に戻ってしまうので、食品やキッチン用品に使用しても安全です。
野菜や果物の残留農薬が気になる方は、veggy ALCHEMY (ベジィアルケミー)を使用して、安心安全な食生活を送りましょう♪

価格 1,350〜1,620円
評価 評価4.5
備考 パウダータイプ(100g入り:1,350円) スプレータイプ(250ml入り:1,620円)
veggy ALCHEMY (ベジィアルケミー)の総評

【商品の詳細】

成分:アルカリイオン水 [純水(99.9%)+水酸化カルシウム(微量)]
   :パウダー[水酸化カルシウム(ホタテ貝殻)])
形状:スプレータイプ
   :パウダータイプ
容量:250ml(スプレータイプ)
   :100g(パウダータイプ)
販売:株式会社 はつが
【送料・手数料】
送料:756円 定期コースで送料無料
代引き手数料:324円
【お得情報】
スプレータイプ+パウダータイプの2点セットの定期コースなら送料無料でお届け
【veggy ALCHEMY (ベジィアルケミー)の短評】
veggy ALCHEMY (ベジィアルケミー)をおすすめしたい方は、

  • 食材の残留農薬がきになる方
  • ご家族が安心安全な食材を提供したいと思っている方
  • 有機野菜の購入は価格や品揃えの問題があると思っている方
  • キッチン周りやお風呂場、子どものオモチャなどを清潔にして使いたいと思っている方

などになります。
使い方が簡単で便利なスプレータイプと、一気に沢山のモノを洗ったり消毒したりするときにお得なパウダータイプがありますので、ご自分がご使用になりたいシチュエーションを意識して、マッチしている商品をお選び下さい。セットでの定期コースはお得ですので、定期コースで両方購入するのもありだと思いますよ♪

ベジセーフの特徴

ベジセーフは、99.9%の純水と0.1%以下の炭酸カルシウムからできているアルカリイオン水素水です。

ベジセーフを利用すれば、水洗いのみでは落としきれない残留農薬をほんの数秒でしっかりと落とすことができ、その効果と手軽さから高評価を得ている商品です。
ベジセーフには、残留農薬を除去できるだけなく、除菌・抗菌効果があるので、ダイニングやキッチン周りを清潔に保てたり、小さなお子さまが口にしてしまうオモチャに使用すれば、しっかりと除菌できて清潔な状態を保てます。
スプレータイプの商品なので、とても使い勝手が良く、使いたいモノや場所にシュシュっと吹きかけて軽く拭いたり洗い流したりするだけで、簡単に残留農薬の除去や除菌もできますので、キッチン周りに1本置いておくととても便利ですよ♪

価格 1,620円
評価 評価4
備考 スプレータイプ(容量:400ml)
ベジセーフの総評

【商品の詳細】

成分:電解イオン水 [純水(99.9%)+炭酸カルシウム(0.1%以下)]

形状:スプレータイプ

容量:400ml

販売:株式会社 ネクストラボ


【送料・手数料】

送料:650円

手数料:代引き手数料 324円


【ベジセーフの短評】

ベジセーフは、楽天市場の抗菌・除菌グッズ部門で1位を獲得したことがある、多くのユーザーに認められた商品です。

スプレータイプで使い勝手が良いのがおすすめのポイントで、食材の残留農薬除去に効果があるだけでなく、大腸菌やサルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌などのウィルス対策にも効果があるということで、冬場のウィルス対策にも持って来いの商品です。

ホタテのおくりものの特徴

ホタテのおくりものは、国産のホタテの貝殻のみを原料とした天然素材100%の食材洗浄剤です。

ホタテのおくりものは、粉末タイプの商品で、 2リットルの水に商品を3グラムほど溶かし、液体にして使用します。その水溶液は、 pH値が12.5をこえる強アルカリ性となり、残留農薬を取り除くことはもちろんのこと、大腸菌などの細菌の除去にも効果を発揮します。
それから、ホタテのおくりものには消臭効果もあるので、お部屋で気になるペットやタバコの臭いを取り除いたり、玄関やトイレなどの嫌な臭いをけしてくれます。
洗浄・除菌・消臭効果のあるホタテのおくりものを有効活用して、快適で健康的な生活を気軽に手に入れましょう♪

価格 2,376円
評価 評価3.5
備考 粉末タイプ(容量:550g)
ホタテのおくりものの総評

【商品の詳細】

成分:水酸化カルシウム(ホタテ貝殻焼成カルシウム)
形状:パウダータイプ
容量:550g
販売:健康ラボ
【送料・手数料】
送料:無料
手数料:代引き手数料 324円
【お得情報】
基本、商品代金が税抜き2500円以上あれば送料無料のところ、ホタテのおくりものは2200円で送料無料
【ホタテのおくりものの短評】
ホタテのおくりものは、粉末タイプの商品なので、使用時に水で溶かして溶液を作る必要があり、スプレータイプや液体タイプの商品と比べてひと手間多く必要です。
但し、1回あたりのコストは低価格で済みますので、残留農薬の除去だけでなく、除菌や消臭など、いろいろな用途でたくさん使用したい場合は、低コストで対応できます。

エコポポラの特徴

エコポポラは、界面活性剤や漂白剤、蛍光剤など、合成添加物不使用のヒトと地球環境にやさしい洗剤です。

エコポポラは、洗剤として一般的に使用されている界面活性剤を一切使用せず、汚れを落とす効果がある「マイナスイオン水」とミネラル成分である「メタケイ酸ナトリウム」、オレンジの皮に含まれる「D−リモネン」の3つの成分からできていて、洗浄力は強力なのにヒトや地球環境にやさしい洗剤なんです!
エコポポラを使って残留農薬を除去する場合は、原液を30倍ほど希釈してご使用下さい。野菜などの食材を15分ほど浸け置きにして、約5秒ほど流水で洗い流せばOKです。
残留農薬の除去だけでなく、アブラ汚れや浴槽の汚れ、たばこのヤニやペットのニオイなど、幅広い用途でお使いいただけるので、とてもお得な商品だと思いますよ♪

価格 3,980円
評価 評価3
備考 液体タイプ(希釈してスプレーで使用可)
エコポポラの総評

【商品の詳細】

成分:マイナスイオン水 メタケイ酸ナトリウム(ミネラル成分) D−リモネン(オレンジエキス)
形状:液体タイプ(希釈してスプレータイプとして使用可)
容量:2000ml
販売:株式会社 リアルメイト
【送料・手数料】
送料:324円(2,800円以上で送料無料
手数料:無料(クレジットカード,NP後払い,楽天ID決済)
【お得情報】
初回限定モニターに参加で、
4,980円⇒3,980円(送料無料)
とお得に試すことができます!
【エコポポラの短評】
エコポポラは、液体タイプの商品で、希釈して使用する商品です。
野菜や果物の残留農薬を除去する場合は。20〜30倍に希釈し、同封されてくるスプレーボトルに入れて使用しますので、とっても経済的です。
エコポポラの使用用途は幅広く、

  • 水回り(台所,お風呂,洗面所,トイレなど)
  • ルームクリーニング(床,家具,カーペット,たばこのヤニなど)
  • ペット(ハウスのクリーニング,ペット用品)

など、残留農薬の除去だけでなく、いろいろなお掃除に使用できますので、一家にひとつエコポポラが置いてあると、とても役立ちますよ♪

 

 

私のおすすめは「ベジシャワー」

残留農薬を取り除く方法として、
ランキングで紹介した商品などは使わず、

  • 流水でしっかり洗う
  • 茹でこぼしをする
  • 食材の表面を取り除く
  • 有機野菜、無農薬野菜を選ぶ

などといった方法がありますが、
しっかり取り除くことができなかったり、
手間がかかって面倒だったり、
食材の美味しさや栄養素が減ってしまったり、
購入金額が高かったりなどして、
私にとっては毎日続けることが難しいと思いました。

 

そんな私がいろいろと使ってみた結果
「ベジシャワー」がおすすめNo.1となりました!

 

その理由は、

  1. 農薬を落とす作業に手間がかからない。
  2. 商品が使いやすい。
  3. 除菌・抗菌効果がある。
  4. 商品の金額が、除菌・抗菌効果も合わせて考えれば許せる範囲

などが挙げられます。

 

 

理由その1 『手間がかからない。』

残留農薬を取り除く作業に手間がかかるようなら、
その作業は面倒になって続かないと思います。

 

ベジシャワーはシュシュっと吹きかけてから少し馴染ませ、
後はサッと水洗いすればしっかり農薬が取り除くことができるので、
ほとんど手間がかかりません。

 

この利便性はとても重要だと思いました。

 

▼ベジシャワーの使い方はとっても簡単▼

 

 

理由その2 『商品が使いやすい』

ベジシャワーは、
最初からスプレーボトルに入った状態で購入できるので、
粉末を使う度に溶かして溶液を作ったり、
原液を薄めてスプレーボトルに詰めたりするような作業が不要なので、
面倒くさがりの私にはピッタリの商品です。

 

粉末タイプの残留農薬除去商品と比べると、
便利な分、
ベジシャワーの方が購入コストが高く付きますが、
その使い勝手の良さからスプレータイプの商品をおすすめします!

 

 

理由その3 『除菌・抗菌効果がある』

ウチには小さな子どもがいて、
冬になるとインフルエンザノロロタウイルスなどの胃腸炎にかかったりします。

 

学校を一定期間休まなければならないし、
嘔吐や下痢の処理も大変で、
毎年流行だすとできればかかって欲しくないと思ってしまいます。。。

 

ですので、
除菌・抗菌効果があるベジシャワーは、
特に感染症が気になる冬場には重宝します。

 

ダイニングやキッチン周り、子どものオモチャなど、
菌が気になるものにシュシュと吹きかければ簡単に除菌できちゃいますよ♪

 

 

理由その4 『商品の金額が許せる範囲』

まな板などのキッチン用品からダイニングテーブル、子どものオモチャのお掃除などの除菌のために
アルコール系の除菌剤を購入しているのであれば、
ベジシャワーなら残留農薬の除去と殺菌・除菌に効果を発揮してくれるので、
ベジシャワー自体の価格はちょっと値が張りますが、
合計では安く済むと思いますよ♪

 

 

私はこのような理由から『ベジシャワー』をおすすめします!

 

 

<<残留農薬除去商品ランキングから購入する>>

 

残留農薬とは

毎日の食卓に欠かせない野菜は、食物繊維やビタミン、ミネラルなどといったカラダに大切な栄養素を多く含んでいるので、できることなら毎日たくさん食べたいですよねぇ。

 

しかし、野菜などに付着している残留農薬のことが気になって、あまりたくさん食べるとカラダによくないのでは?って思っている人もいらっしゃると思います。

 

残留農薬とは、
野菜などを栽培するときに使用する農薬が付着したまま残った状態のことで、
農薬には、
殺虫剤殺菌剤除草剤などがあります。

 

それらの農薬は、
水溶性のモノと油溶性のモノがあり、
水溶性のものであれば、
雨や出荷時の水洗いなどで落ちてしまうので問題ないのですが、
油溶性のものは水では落ちにくいものなので、
そのまま付着して販売されていることがあります。

 

残留農薬という言葉を聴くと、
野菜を育てている最中に使用した農薬がどんどん蓄積されて、
収穫の時期にはかなりの量の農薬が野菜などに残留しているように思いませんか?

 

その認識は間違っています!

 

実際のところでは、
栽培中に散布した農薬は、
太陽からくる紫外線や雨風などによって分解されたり飛散したりして減少していくので、
農薬が蓄積されていくことはありません。

 

では、残留農薬とはどのような状態なのでしょうか?

 

それは、収穫時期直前に撒く農薬が付着していることが多いようです。

 

また、最近では、使用される農薬の種類も残留しやすく、毒性の高い有機リン系は使われなくなり、低毒性の農薬を必要最小限の散布でまかなえるよう、農家側でも安全性に気をつけて生産するようになっていますので、一昔と比べると残留農薬の心配は減っています。

 

とはいっても、
有機農法で作られた野菜でない限り、
農薬を使用して栽培され、
以前よりも毒性が低く、
使用量は少量になったとはいえ、
残留農薬は野菜に付着しているので、
できる限り取り除いてから食べるようにしましょう。

 

誰でもできる農薬の落とし方

水洗いだけでは落としにくい農薬を落とすためには、
どのような方法があるのでしょうか?

 

その方法とは、

  • 皮を剥く
  • 茹でる
  • 表面の葉を取り除く

の3つが挙げられます。

 

この3つの方法は、
どなたでもすぐに実践できる方法ですので、
残留農薬の気になる方はトライしてみて下さい。

 

 

皮を剥く

ミカンやバナナなど、表面の皮を剥き、中身を食べるような食材に関しては、ほぼほぼ残留農薬を気にする必要はありません。

 

他にも、人参やじゃがいもなどの野菜も皮を剥けばOKです。

 

しかし、皮には栄養や旨みが詰まっていたりして、その部分も一緒に食べたい場合はこの方法は採用できません。

 

その場合は、残留農薬除去商品を利用するか、ゆでこぼしなどを利用して残留農薬を取り除きましょう。

 

茹でる

これはいわゆる『ゆでこぼし』という方法で、いったんお湯で茹で、その茹でたお湯を使わずに捨てる方法です。

 

ブロッコリーやオクラ、ほうれん草に小松菜といった葉物野菜などに有効な方法です。

 

しかし、野菜を茹でると旨みもお湯に流れ出てしまうので、茹でたお湯を使いたいといった場合は採用できません。

 

表面の葉を取る

残留農薬は、基本的には野菜の表面に付着している農薬が残っている状態なので、キャベツやレタスなどといった野菜の場合、表面の葉を取ることでかなりの量の残留農薬を取り除けます。

 

?いた後はしっかり水洗いすれば、ほとんど残留農薬は付着していないでしょう。

 

しかし、これも野菜を少し無駄にしてしまうことにもなるので、勿体ないと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。。。

 

 

料理を作るとき、
下ごしらえでひと手間ふた手間かけることで、
残留農薬を取り除くことができますが、
その作業に時間が取られたり、
野菜の栄養や旨みを無駄にしてしまうことになったりするので、
私は残留農薬除去商品を使用しています。

 

残留農薬除去商品なら、
簡単で手間無く、短時間で農薬を落とせますし、
野菜を無駄なく使うことができ、
栄養や旨みをしっかり利用することができますよ♪

 

野菜や果物の上手な選び方

スーパーで野菜や果物などの食材を購入する場合、
あなたはどのような点に注意して購入していますか?

 

最近、
消費者の要望の高まりもあり、
できるだけ安全で安心できる野菜や果物を販売するようになっています。

 

上手に買い物すれば、
スーパーで購入した食材も、
残留農薬が少なく、
新鮮で美味しい食材を手に入れることができますので、
お買い物でのポイントをチェックしてみて下さい。

 

 

生産者が分かる食材を購入する

最近のスーパーでは、野菜や果物などの食材には産地だけでなく、生産者の顔や名前が記載されている商品があります。
(棚に生産者の写真が写っていたり、袋に付いているバーコードの側に生産者の名前が記載されていたり。)

 

このように生産者が明確な食材は、品質管理がしっかり行き届いたモノが多いので、残留農薬などの不要なモノの量は少なく、新鮮でとても美味しいモノが多く存在します。

 

ちょっと割高だったり形が不揃いだったりもしますが、
安心安全な食材を手に入れるには有効な手段です。

 

 

棚置き商品を購入する

スーパーの野菜売り場では、袋詰めの商品が多くありますが、地場の野菜などは棚にそのまま並んで販売されていることがあります。

 

棚置き商品は、泥が付いていたり、形がいびつだったりしますが、袋詰めの野菜よりも鮮度が高かったり、味が良い商品が並んでいたりします。

 

ですので、棚置きの商品は見た目が悪かったりもしますが、味の良さや品質が高かったりしますので、できるだけ棚置き商品の購入を検討してみて下さい。

 

旬な食材を選ぶ

ご存じの通り、
野菜や果物には旬がありますが、
いまでは一年中食べられる食材も多くなりました。

 

ですが、

  • できるだけ残留農薬の少ない食材を選びたい。
  • できるだけ美味しい食材を選びたい。
  • できるだけ安く食材を購入したい。

などとお考えであれば、
食材の旬を意識して食材の購入をしましょう♪

 

旬の野菜や果物は、
害虫に強かったり、
成長が早かったり、
旨みが濃かったりしますので、
旬の食材を購入することで、
残留農薬の少ない安心安全で美味しい食材を購入できます。

 

 

いま挙げた3つの方法は、
いつものお買い物でちょっと意識するだけで実践することができますので、
ぜひ試してみて下さいね♪

 

有機野菜とは

スーパーで生産者が分かる食材や旬な食材を購入しても、
残留農薬がゼロという訳ではなく、
多少付着した状態の食材となります。

 

では、
残留農薬がゼロの野菜や果物などの食材は、
どのように手に入れたら良いのでしょうか?

 

それは、
『有機JAS』マークが付いた商品を購入すれば、
ほぼほぼ残留農薬がゼロの商品を購入することができます。

 

▼有機JASマークとはこんなマークです♪▼

 

『有機JAS』マークとは、
国の厳しい基準をクリアした生産者のみが付けることができるマークで、
いわゆる「無農薬野菜」などもこれに含まれます。

 

有機JASマークを取得するめには、

  • 作物を栽培する畑などでは2年以上前から禁止されている化学肥料や農薬を使用しない
  • 栽培中は禁止されている化学肥料や農薬を使用しない
  • 使用する農薬や肥料は天然物質由来のモノを使用する
  • 畑や作業施設などに他から化学肥料や農薬が入り込まないこと
  • 遺伝子組み換えのモノは栽培しないこと
  • 害虫などの防御や駆除は農薬に頼らずに行うこと

等の厳しい条件を満たす必要があります。

 

これらの条件をクリアした生産者が作る食材は、
初めて「有機野菜」「無農薬野菜」などの表現を使用することができ、
安心安全な食材ということを国が認めたと言えるのです。

 

有機JASマークは、
取得したらそれっきりって訳ではなく、
最低でも年に1回、
再調査が行われるため、
『有機JAS』マークの付いた食材は信頼度の高い食材と言えます。

 

 

では、
有機JASマークの付いた食材は、
どこで購入することができるのでしょうか?

 

まずは、
いつものスーパーへ行って有機JASマークを探してみて下さい。

 

わずかではありますが、
有機JASマークを確認できると思いますので、
マークが付いた食材を購入するようにしましょう。

 

スーパーでは欲しい食材が購入できない場合は、
有機野菜を専門で販売している通販サイトを利用しましょう!

 

有機野菜専門の通販サイトであれば、
欲しい食材はほぼほぼ手に入ると思いますよ♪

 

<<有機野菜購入サイトランキングをチェック>>

 

有機野菜のデメリットとしては、
やはりその価格になると思います。

 

有機JASマークを取得するためには、
農薬や安い化学肥料を使えなくなるので、
除草剤の代わりに草むしりが必要であったり、
殺虫剤の代わりに虫を捕る必要があったり、
割高な有機肥料を使う使う必要があったりと、
手間と時間が必要となるので、
どうしても生産コストは高くなります。

 

今のところ、
国内の農産物で有機JASの認定を受けているのは約0.2%ほどだそうです。

 

それだけ貴重な有機野菜は、
少々高価でも仕方がないかも知れませんね♪

 

残留農薬除去商品の良さ

野菜や果物などの食材に付着している農薬が気になる場合、

  • 農薬が付着していない食材を選んで購入(有機野菜購入サイトの利用)する方法
  • 料理の下ごしらえ時にしっかり手間をかけて取り除く方法
  • 残留農薬除去商品を使用する方法

がありますが、
1と2の方法では、
コストがかかったり、
品数の制限があったり、
料理時間が長くなってしまったり、
手間がかかってしまったりと、
いろいろとデメリットが挙げられます。

 

その点、
3の残留農薬除去商品を使用する方法であれば、
いつものスーパーや八百屋さんなどで購入した食材をそのまま使用できますし、
食材の購入金額も抑えることができますし、
手間なく簡単に落とすことができますので、
私はこの方法を選びました。

 

残留農薬除去商品を購入するコストはかかりますが、
別途、
除菌用のスプレーやシートを購入したり、
消臭剤を購入したりする必要がなくなるので、
トータルコストを考えると安上がりだったりします。

 

残留農薬除去商品が気になる方は、
商品のランキングページや紹介ページをご覧いただき、
商品選択の参考にしていただけたらと思います。

 

 

<<残留農薬除去用商品ランキングに戻る>>