残留農薬の除去方法

残留農薬を除去するためには何が必要

毎日の食卓に欠かせない野菜や果物、
スーパーなどで販売されている食材は、
どれもキレイで虫などに喰われた跡もなく、
とても美味しそうに見えます。

 

しかしながら、
皆さまもご存じの通り、
野菜や果物を育てている農家では、
農薬やワックス、展着剤など、
いろいろな薬品が使われています。

 

「中国産の野菜は農薬が心配だから、国産の野菜を選んでします!」
と仰る方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、
国産の野菜だからといって、
農薬をあまり使わずに生産されている訳ではないのです。

 

実は、
日本の農業で使用される農薬の量は、
世界でもトップクラス、
一位の中国、二位の韓国に次いで第三位なのです!

 

 

もちろん、
国の基準に基づいた使用量だと思いますが、
日本の環境条件や農業に従事する人たちの高齢化や人数の減少など、
農薬をしっかり使用しないと、
農業として成り立たないのが現状のようです。

 

 

ですから、
買ってきた野菜や果物は、
流水で表面を洗い流したり、
皮を剥いたり、
表面の葉などを取って捨てたりと、
対策を取られていることだと思います。

 

でも、
良く考えてみて下さい。

 

野菜や果物は風雨にさらされていますが、
農薬の効果はきちんと発揮されます。

 

その理由は、
雨に降られても農薬が流れ落ちないよう、
農薬は水をはじくようなモノであったり、
展着剤を先に使って、農薬のくっつきを良くしたり、
ワックスを使用して野菜自体の水はじきを良くしたりなど、
いろいろな工夫が取られているからです。

 

その状態で収穫されて販売されている訳ですから、
ご家庭でささっと水洗いしただけでは、
食材の表面はキレイにならないのです。

 

 

国が決めた基準内に残留農薬量などが抑えられているのだから、
カラダの中に入っても大丈夫と言われていますが、
そうは言っても、
農薬つきの野菜をサラダにして食べる気にはなかなかなれないのではないでしょうか!

 

 

そこで食材に付着している残留農薬の対処方法としては、

  1. 残留農薬除去用商品を活用して農薬を除去
  2. 有機野菜や無農薬野菜など、残留農薬のない食材を購入
  3. 食材の下準備のときにひと手間かけて農薬を除去
  4. 気にしない

の4パターンが考えられます。

 

こちらでは、
それぞれの方法をランキング形式でご紹介致しますので、
参考にしてみて下さいね♪